光ギンテックは、アスカテックの登録商標です。

店頭で、抗菌加工を施した商品をたくさん見かけます。
「抗菌」という言葉は、殺菌、滅菌、消毒、除菌、防かび、静菌など幅広い意味を示すあいまいな用語です。「抗菌商品」を選択する人が増えていますが、商品のマークや表示に統一性がなく、効果や安全性などに対しても疑問が生じています。こういった中で最近脚光を浴びているのが「光ギンテック」という光触媒と銀の複合効果を応用した技術です。

植物の光合成は、光に反応して起こる化学反応ですが、光触媒もこれと同じような仕組みです。
光触媒(二酸化チタン)の表面に光が当たると、活性酸素を生成し、有害な有機物などを、無害な水と二酸化炭素に分解します。光触媒自体は、分解作用等で消耗しないので、長期的効果が期待できます。




画期的な抗菌技術「光触媒」のパワーをさらに強力にしたのが「光ギンテック」です。光触媒にその作用を増徴させる銀を複合し、両者の効果を相乗的に高めた次世代の抗菌光触媒です。光のまったくない場所においても作用を持ち、結核菌・インフルエンザ・MRSAなど、各種感染菌に抗菌効果があります。更に、光があれば光触媒効果により、抗菌、脱臭、防汚、環境汚染物質の分解など、環境浄化材料として多くの分野で使用されています。その性能は(財)結核予防会結核研究所、(財)北里環境科学センターにてそれぞれ確認されています。







上記のような光ギンテックには、環境に対する数多くの効果が認められています。
 ・ 優れた持続性をもつ「抗菌性」
 ・ 効果を保ち続ける「耐久性」
 ・ 現場で実証されている「防カビ」
 ・ 悪臭の発生原因となるバクテリアの繁殖を抑える「防臭性」
 ・ 様々な試験をクリアした高い「安全性」




技術情報へ

製品紹介へ
製品ピックアップ

関連リンク

 日本メディカルコーティング株式会社

 ペイントサービス有限会社

光ギンテックについて製品情報技術情報光ギンテックQ&A会社概要お問い合せ このページのトップへ